【驚愕】ゴキブリが腕を歩いていた話〜退治法まで

日常
スポンサーリンク

先日のこと。自室にゴキブリが出現しました。

 

チャバネゴキブリでした…(以下チャッバーネ)

 

子供とテレビを見ていたのですが、突然子供が

「はぁー!お母さん腕が大変なことにー!」と叫び、

なんや?と見るとチャッバーネon my arm

 

自分にくっついていた経験は今までなかったので、パニックになりながらも対応したのでご紹介します。

↓は以前ご紹介したお風呂場でのゴキ撃退法です。良ければあわせてどうぞ。

とくさんち流!お風呂場でゴキブリに出会った時の対処法!

 

 

 

お風呂場以外では何を使う?

 

 

お風呂場以外ではファ○リーズもしくはマ○ペットですね。

 

近くにちゃんとした殺虫剤があればそちらを使いますが、たいていの場合は無いんです。

 

チャッバーネは服(腕の部分!)に付いていたので、最適なのは衣料用消臭剤であるファ○リーズでしょうか。

 

子供にファ○リーズを持ってきてもらい(自分はチャッバーネ付きで動けず)

連射!

20プッシュくらいしたでしょうか。

チャッバーネは逃げ回ったものの次第に動きが遅くなり、ひっくり返りました(裏側もキモチワルイなあと思いました)

絶命まではいかないのですが、瀕死と言った感じ。ゆるゆると動く。

ティッシュで包んでポイしました。

 

なんでゴキブリに効くの?

 

以前お話ししたバス○ジックリンは、洗浄成分の界面活性剤が、ゴキ表面の油を落として窒息させるというものでした。

 

調べてみると、ファ○リーズは一部製品にクウォットという殺菌成分が入っているそうです。

除菌成分(有機系):Quat(クウォット)。特定の除菌成分の総称です。

※P&G HPより

これが効いているのでしょうか?クウォットが界面活性剤だという情報もありますが、公式ではないのではっきりとわかりませんでした。

 

マイ○ットは、界面活性剤入りと記載ありました。(アルキルアミンオキシド)

バス○ジックリンと同じ理由で効いていそうです。

 

余談:新型コロナウイルスと界面活性剤

 

今回の記事で思い出したことがあります。

 

2020年、新型コロナウイルス感染症蔓延のため、消毒用のアルコールの欠品が相次ぎました。

 

そこで、消毒(手指消毒ではなく環境消毒のみでしたが)代替案が、界面活性剤でした。

 

「NITE」のサイトで詳しい検証載っています。

 

バス○ジックリンも、マ○ペットも、有効となっています。(2021.4.14現在 たまに取り下げもあるようなので)

 

ということは、界面活性剤、ゴキにもコロナにも有効ということでは?

結論:頼れる。好き。

 

まとめ

 

今回は服だったのでファブリーズで退治しました。

床や壁だったら、マイペットで戦ったと思います。

 

問題は、家電に付いていた時ですね。

無水エタノールなら大丈夫かもしれないですが、やったことないです。

機会があれば試してみたいと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました