【ペットにわとり】ペットにわとり誕生の日~成長【人工ふ化】

にわとり
スポンサーリンク

とくさんちのペットにわとりは、人工ふ化で生まれました。

ヤフーオークション経由で、ちゃぼの有精卵を譲ってもらい、

アマゾンで購入したふ卵器で温めました。

当時を振り返り、人工ふ化の注意点などまとめます。

 

人工ふ化 ふ卵器~誕生まで

 

↓のようなふ卵器をアマゾンで購入しました。

人工ふ化に大切なこと、それは

  • 温度を一定に保つ(チャボは37.6~38度)
  • 湿度(60%くらい)
  • 転卵(最低6時間おき)

以上3点と、とくさんは考えます!

アマゾンで購入したこのふ卵器は、自動転卵機能付きで便利でした。

サーモスタットもついていましたが、外気に左右されているみたいだったので、

梱包材(プチプチ)を全体にふんわりかぶせていました。

 

※チャボの孵化の前に、烏骨鶏にもチャレンジしていますが、中止卵で失敗しています。

3月頭の肌寒い時期だったので温度管理かなと思い至り、プチプチをかぶせたところ、孵化成功しました。

 

そして3週間、

 

 

誕生!!

かわいいですね~ひよこ!

まだ自分で発熱できないので、ヒヨコ電球で保温です。

 

生後2か月

 

生後2か月、

 

オスメス判明!

 

 

完全に手前がオス(くうちゃん)

でもまだ鳴き声はピヨピヨ~でしたね。

 

生後5か月

 

もう保温もいらなくなったし、室内飼いから屋外に。

小屋も買って準備しました!

 

 

くうちゃん、ほぼ完成形(笑)だけど、

まだ首周りの羽のキラキラが生えそろってないですね。

尾羽も、控えめです。

顔、怖いわぁ~

このへんから、もう雄たけびあげています。(朝6時~)

 

隣のおうちに聞こえてないかひやひや。

(ちなみに聞こえてました)

 

生後1年

 

1年たつと、完全に大人です。

 

これぞ、チャボ!ってかんじですね!

しっぽがぴーんと上に伸びていて、

短足!

 

ちゃぼはおとなしいと聞いていましたが、

メスのおいもちゃんはおとなしいけど、

オスのくうちゃんはそうでもない気がします(笑)

飼い主に大体毎日威嚇してきます!

 

オスはたまごも産まないし早朝に鳴くし

安易な飼育はおすすめできません!

でも好き

 

初卵

 

初卵はおいもちゃん1歳の春に産みました。

 

 

スーパーに売っている卵より小さいけど、

味は特に変わりません。

孵化もさせてみたいですが、

オスが産まれると困ってしまうので、

産んでもらった卵はすべて美味しくいただいています。

メスなら大歓迎ですがね~

人工ふ化は、性別選べませんから…

 

 

以上、ペットにわとりの成長記録でした!

読んでくださり、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました