【ペットにわとり】抱卵って何?

にわとり
スポンサーリンク

4月上旬、とくさんちのにわとりのメス、おいもちゃんが抱卵開始です。

抱卵とは?

メスのにわとりは、1シーズンに数個の卵を産み、まとまってきたら温めます。

これを抱卵と言います。

抱卵は3週間ほど続き、うまくいけばヒヨコが誕生します!

しかしどんな卵でも温めればヒヨコになるわけではありません。

オスもいっしょにいて、卵が有精卵である必要があります。

スーパーの卵は、メスだけで産んでいるので、無精卵ですね。

まだ子供だった頃、スーパーの卵を冷蔵庫から拝借して、お布団に入れて温めたことがありますよ…もちろんヒヨコは生まれません。

オスがいなくても卵を産むのはびっくりですよね。

人間とは違うんだなぁ~。

とくさんちはの卵は、オスのくうちゃんもいるので有精卵かもしれないですが、

抱卵前にゆで卵にして美味しくいただいています。

今期は7個生んだところで抱卵に入りました。

おいもちゃんは卵がないのに抱卵しています。

卵がなくても「抱卵」って?

卵がなくても抱卵します!

え?どういうこと?

卵を産んだ後は、そこに卵があろうと、なかろうと、修行僧のように座り続けるのです。

そして、近くに卵っぽいサイズの石を置いても、大事そうにお腹の下に引きいれて、温めます。

Amazonで抱卵用の偽卵を売っているのをみたこともあります。

どうもにわとりに限ったことではなく、ほかのインコなどの鳥も卵なしの抱卵をするようですね。

これも不思議です。

抱卵しなくなったにわとりもいる

スーパーで売っている卵を産んでくれているにわとりは、基本抱卵はしないようです。

オスがいないからとかではなく、そのように品種改良されているんですね。

抱卵中は、ずーっと座って、極力動かず、飲み食いも最低限。

卵も産みません。

養鶏は、商売ですから、卵を産まないのは困っちゃいますよね。

なので、抱卵しないように、改良されてきたそうです。

そうやって365日卵を産んで、スーパーに並ぶ卵。粗末にしたくないですね。

抱卵は何日続く?

ちゃんと卵を温めている場合は、ヒヨコが生まれるのは21日前後と決まっているので、そのくらいでしょうか。

卵がない場合の抱卵は、もう好きずきの期間です。

とくさんちのおいもちゃんは、去年は10日くらいでやめていました。

抱卵中はあまり飲み食いしないので、だんだん顔色が悪くなっていくので、早く止めておくれと思っていました…。

抱卵をやめさせるには、無理やり立たせたり、違う場所に連れて行って気分転換させるといいようです。

今シーズンはどれだけこもるのかな?

 

以上、抱卵についてでした!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました