郵便局はがきデザインキットでの宛名印刷が終了!代わりのものを探してみた

日常
スポンサーリンク

今年ももう年賀状の季節ですね。

先日MacBookで年賀状を印刷しようとしたのですが、なんと今まで愛用していた郵便局の「はがきデザインキット」の宛名印刷が2023年版からサービス終了に…

住所録のデータは保管していたものの、このままでは宛名印刷ができません。

とくさん
とくさん

無料の宛名ソフトは、Windows向けばかり…。

住所録データをなんとか生かして印刷したい!

そこで、かわりにといろいろ探して見つけたのがこちら。

ブラザー Web年賀状キット!!

はがきデザインキットの住所録データを使って宛名印刷できました。

もちろん、無料です!

来年用の自分の備忘録として記事に残しておきたいと思います。

また、とくさんと同じように、

MacBookユーザーで年賀状印刷したい方

昨年まではがきデザインキットを使っていた方

などの参考にもなると嬉しいです。

スポンサーリンク

Web年賀状キットへの住所録取り込み方法

MacBookユーザーの年賀状印刷の救世主的存在、Web年賀状キットの操作方法です。

CSV形式の住所録の準備

まず、はがきデザインキット(郵便局)の住所録データを用意します。

CSV形式になっていない場合はCSV形式で書き出します。

MacBook標準搭載のNumbersでのCSVファイルの作り方は以下の通りです。

NumbersでのCSVファイルへの変換法

書き出した住所録ファイルは、わかりやすくデスクトップなどに保存しておきましょう。

Web年賀状キットのサイトに行く

次に、ブラザーのWeb年賀状キットのサイトに行きます。

brotherのWeb年賀状キット

Web年賀状キットの左から2番目の、「新規作成 宛名面」をクリックします。

すると、Web年賀状キットが別ページで起動されます。

文字の大きさ・レイアウトを整える

CSVファイルを取り込む前に、文字の大きさなどレイアウトを確認しておきます。

(住所録取り込み後は一括レイアウト変更ができないので、先にやっておく方が良いです)

初期設定のままでは、文字が小さいような気がしました。

最後に左下にあるCSVというところをクリックして、住所録データを取り込みます。

CSVファイルの住所録を取り込む

CSVファイルを取り込むと、「郵便番号」「住所」などがどの列に該当するか?と聞かれるので、確認しながら当てはまる列を指定していきます。

連名のはうまくいきませんでしたが、CSVファイル取り込み後に、左バーにある「連名」で簡単に追加できます。

住所録を取り込むとプレビュー画面になります。

取り込んだ住所があっているか、見切れているところがないかを確認します。

とくさん
とくさん

特にマンションなどの長い住所は切れてしまっていることがあり、要注意です!

問題がなければ、上部にあるプリンターマークをクリックして印刷です!

作業の中断・来年用にデータの保存

すぐには印刷しない時は、上部の「保存」ボタンでデータを保存しておきます。

保存をすると、拡張子はブラザー用のデータ(bcsaファイル)になります。

編集を再開するときは、

「保存データの再利用宛名面」をクリック

bcsaファイル形式の住所録データを取り込み

と進みます。

来年からはCSVファイルではなくこのbcsaファイルのデータを読み込めば、すぐに編集・印刷できます。

スポンサーリンク

まとめ

はがきデザインキットの代わりになる無料宛名印刷、Web年賀状キットについてでした〜!

天下の郵便局のはがきデザインキットで、まさか宛名印刷ができなくなるとは思いませんでした。

ブラザーさんには末永く無料宛名印刷を提供していただきたいものです…!

ちなみにマイクロソフトのエクセルを持っていれば、差し込み印刷機能で簡単に宛名印刷ができたようです。

約1万5千円ですが、永久ライセンス&2台まで使える…。

googleスプレッドシートとNumbersでいいかと思っていたけど、将来のために準備しておいた方がいいのか…悩みます。

以上です〜!

読んでくださってありがとうございました〜!

コメント

タイトルとURLをコピーしました