【同居】同居初期を振り返る part2 洗濯物問題

同居
スポンサーリンク

同居は、なんといっても開始初期が大変でした。

 

そんな同居初期を振り返るシリーズ part2です。今回は洗濯物問題。

part1はこちら⇒【同居】同居初期を振り返る part1

 

洗濯物問題① 居間に干される(下着含む)

 

とくさんちは、夜入浴後に洗濯機を回し、

居間(リビング)に干します。

 

新しいおうちのかたは、サンルームとか、浴室に干せたりとかあると思うのですが、

とくさんちは居間干しです。

 

夜22時ころから、次の日の15時くらいまで干してあります。

テレビ見たら視界に入る場所に干してあります。

何なら昼間、来客からも見えます。

 

とくさんの下着も・・・。

 

同居初期は、もう恥ずかしくて、下着だけ自室に干していたのですが、

 

「みんな一緒に干したらいいじゃない」by義母

 

伝わらなかった。

 

現在は、下着をすべてユニクロのブラトップにすることで解決しました。

 

見られても恥ずかしくないものにチェンジです!!

洗濯物問題② たたみ方の違い

 

洗濯物は、お義母さんが夕方までに畳んでおいてくれます。

初めのころは、下着触られるのに抵抗ありましたが、もう慣れました。

 

ただ、困りごともあって、畳み方です。

それがこちら。

 

①Tシャツを袖と袖を合わせる方法でたたむ(前面中心に折れ線が付きます)

②ズボンを、ジーンズなどもすべてセンタープレスの位置でたたむ(前面中心に折れ線が付きます。 スーツとかならそれでいいけども。)

 

いや、畳んでもらってありがたいんですよ。本当に…。

でも、中心の折りじわ、耐えがたくて。

肌着とかなら、いいんですが…。

 

直接言ったこともあるのですが、たぶんもう身についた畳み方のようで、

無理でした。

 

あとでこっそり畳み直しています。

 

洗濯物問題③ みんないっしょに洗う

 

家族6人分みんないっしょに洗濯です。

これは、とくさんはあんまり気にならなかったんですが、

周りのお母さま方からは「イヤー!」と言われましたね。

 

一般的に、義父のものと一緒に洗濯するのは拒絶反応が出るようです。

 

とくさん的には、洗っちゃえば一緒かと思います!

 

ただ、洗濯物干すときに、いくばくか恥ずかしいのと、

 

義父の下着のレパートリー覚えちゃってる自分が嫌になるのはあります。

あ、義母の下着も。

 

きっと、義母も私の下着のレパートリー覚えてるだろうなぁ。

 

以上、同居の洗濯物問題についてでした~!

 

何とかなるものと、ならないものがあり、要するは慣れです。

参考になりませんかね…

 

読んでくださってありがとうございました!それではまた!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました