【au経済圏】auカブコム証券の投信クレカ積立で最大5%ポイントバック!やってみた

節約術
スポンサーリンク

この記事ではauカブコム証券の投信クレカ積立を、設定からPontaがもらえるまで実際にやってみた時の流れを解説しています。

2022年3月28日、auカブコム証券がクレジットカードでの投資信託の積み立てに参入しました。

クレジットカードで投資信託購入は、以前から楽天証券やSBI証券でも実施されていたのですが、

最近になりマネックス証券(還元率1.1%)も参入し混戦を極めています。

【 口座開設キャンペーン実施中 】    マネックス証券

投資信託は元本割れリスクも少なからずあるので、必ずもらえるポイントはかなり気持ちが楽になります。

今回参加表明したauカブコム証券は、最大で5%、年間5万ポイントのポイントバックとなります!!

とくさん
とくさん

年間では最大3万ポイントももらえます!

早速、クレカ積み立ての設定をやってみました!

申し込み→クレカ引き落とし→実際の投資信託買付までの流れかかる日数も解説します。

気になっている方はぜひ参考になさってください。

対象者は?

auカブコム証券より

大盤振る舞いの投資信託の5%Ponta還元キャンペーン!ですが、

全員が対象ではありませんでした。

この優遇金利は

  • au PAYクレジットカード✖️auカブコム証券のクレカ投信積立の設定をした人

かつ、

  • auユーザー(5%
  • UQモバイル5Gユーザー(3%

のみ適用です。

とくさん
とくさん

同じau系でも、povoはダメみたいです。

それ以外の方は1%(通常のクレジットカード利用分)のポイントがもらえます。

auUQモバイル月額使用料がかかるので、投信クレカ積立のためだけに契約するのは損になります。

ただ、UQモバイルではMNPで最大1万円分還元もあるので、乗り換えを検討されていた方はチャンスかもしれないです。

積み立て上限額は?

クレカ積み立ての上限額は、月5万円までです。

これは楽天証券やSBI証券とも同じです。

ポイントのことだけ考えれば5万円積立がお得ですが、リスクが低いと言っても投資信託は元本割れリスクがあるので、要注意です。

ご自身のリスク許容度に応じて利用しましょう。

実際に申し込んでみた

実際にauクレカ積み立て、申し込んでみました。

auユーザーだったので月5%のポイントが付きます。

当然満額の5万円を積み立て!

毎月2500ポイントがもらえるはずです。

銘柄は、

  • ひふみプラス 25000円 
  • eMAXIS Slim S&P500 25000円

優良アクティブファンドと、堅実な米国株インデックスにしてみました。

申し込みの流れ

キャンペーンに申し込みから、実際にクレカ投信積立が完了するまでの流れです。

2022年3月28日よりキャンペーン開始、クレカ積立設定完了

積立設定は毎月9日の2営業日前が締め切りです!

積立設定の仕方はこちら↓

4月8日にauPAYクレジットカードのご利用明細に登録

auPAYクレジットカードのご利用明細

5月1日にauカブコム証券の投資信託積立の注文完了

auカブコム証券 注文履歴

5月10日にauPAYクレジットカードの引き落とし

5月12日にようやくauカブコム証券口座に引き渡し

⑥Pontaポイントの還元

auユーザーで5%還元、5万円積立なので、2500ポイントもらえる予定です。

ちなみに、Pontaがもらえるタイミングは、

  • Ponta会員ID連携済の場合:積立買付する月の12~15日
  • Ponta会員ID未連携の場合:積立買付する月の10日

となっています。

こんなスケジュールでした。

約1ヶ月間、「あれ、設定したはずなのに投資信託まだ買えてない」と何度も確認しました…。

まあ、クレカの引き落とし後でなければ実際に投資信託が手元に来ないのは、考えてみれば普通なのですが…。

これからクレカ投信積立される方は、ご注意ください。

まとめ

auカブコム証券で投信クレカ積立をしてみた話でした〜!

設定してから実際に投資信託が積み立てられるまでには約1ヶ月かかります!

Pontaの付与にも1ヶ月ほどかかりますので、気長に待ちましょう。

かなりの高還元なので、auユーザー、UQモバイルユーザーにはおすすめかなと思います。

もらったPontaはいろんなお店で使えますし、au PAYマーケットでは1.1〜1.5倍に増やして使うこともできますよ!

クレカ積立以外にもau経済圏は激アツで、auじぶん銀行でもたくさんのPontaをもらうことができます。

気になる方は、そちらもチェックしてみてください。

以上です〜!

読んでくださってありがとうございました〜!

コメント

タイトルとURLをコピーしました